特定小電力無線機情報局

アマチュア無線 電磁波と影響① 電磁波と影響② 業務用無線 特定小電力 お問い合わせ

特定小電力

みなさんが、普段使っている「トランシーバー」は、特定小電力トランシーバーでしょう。

特定小電力について

基本的には、特定小電力○○とつくのですが、その「特定小電力」について話していきましょう。特定小電力とは電気が小さいという意味を表しますので、出力が低く、そのため、遠くまで届きにくい代わりに、免許が必要ないと言えます。そのため、手軽で簡単に利用できるという事が言えますが、遠い相手への通信はかなり難しいので、広範囲での利用はあまり向かないと言えます。

しかし、チャンネル数も多い上、同時通話タイプやトランシーバータイプなど、用途によって選ぶことも可能となります。大体が、乾電池などでの使用となりますので、もともと携帯することを考えて使用されます。そのため、トランシーバーといえば、特定小電力トランシーバーと言えるほど、トランシーバータイプの物が多く利用されています。また、他の無線機を導入するのに比べれば、コストも少ないことも特徴です。

ただ、小電力ですので、通話距離は何も無い所で最大1kmくらいとされ、街中となれば、100m前後とと言われるほど短くなります。そのため、レストランなどのような、限られたスペースでの利用が好ましいとされています。ただ、購入した日からすぐ利用できるため、「遊び」のために購入する方や、ちょっとしたキャンプなど、また、先ほどあげたようにレストランなどでの使用もあるそうです。

最近では、業務が多様化したためか、特定省電力トランシーバーにも、耐久性が高くしてあるものや、防水タイプなどのものも多くなっています。また、通話時間も長くしたものも増えているようです。

中継装置と連携

無線機で行うっ通信の場合は、自分の無線機からの電波が、相手の無線機のアンテナに直接届くことが条件となります。そのため、その電波の出力が強ければ強いほど、通信が成功しやすいと言えるのですが、上項でも話したとおり、街中となれば、100m前後の特定省電力トランシーバーでは、この方法では、通信できないことが多くなりますので、中継装置と連携して使用することもあります。

中継装置は、業務用無線でも話しましたが、中継装置が一度、特定小電力トランシーバーの電波を受け取って、それを通信したい人に送る役割をします。野球でも、バックホーム時に、中継が入ることがあります。それと同じような雰囲気だと考えてもらえれば良いでしょう。ただ、中継装置を設置するためには、低い所よりも高い所でのほうが望ましいと言えるでしょう。高い所では、電波を遮る物が少ないので、相手に届きやすいのです。

特定小電力トランシーバーなどを改造して出力を強くする方法を、インターネットの掲示板で見かけましたが、それは違法解像となりますので、改造を行った時点で、「特定小電力」トランシーバーではなくなってしまうので、免許が必要になるか、使用禁止となってしまいます。もし、どうしても、通信距離を長くしたいのなら、中継装置を使用するか、業務用無線を購入して、免許を申請することをオススメします。

おすすめWEBサイト 5選

メガネのアイワ葛西店
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M02031/13123/21331891212/

最終更新日:2017/2/22

▲Top